読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぱと隊長日誌

ブログ運用もエンジニアとしての生き方も模索中

リーダーシップの抵抗勢力はどこにいるのか?

新しいことを始めるとき、必ず抵抗勢力がいます。明確に反対しないまでも、協力に消極的な場合もあります。そんな抵抗勢力に対し、どう向き合うべきでしょうか? 同じ職場で働くコンサルタントに相談してみたところ、相手にとってのメリットをアピールして協…

転職面接の面接官が応募者に語ってほしいこと

最近、別々の方から転職面接の面接官として同じ悩みを聞きました。そして、それは私も面接を担当する時に感じていたことでした。悩みとは応募者が教科書通りの回答しかしてくれない、ということです。例えば、プロジェクトマネージャー候補として考えている…

知らないことを知り、知る過程の大切さ

知(し)らざるを知らずと為(な)す是(これ)知るなり 《「論語」為政から》知らない事は、知らないと自覚すること、これが本当の知るということである。 知らざるを知らずと為す是知るなり(シラザルヲシラズトナスコレシルナリ)とは - コトバンク 疑問・問題に…

自身の不安・妄想を受け流す技術

だれしも不安・妄想にとらわれることがあります。例えば、私であれば「自分は話下手だ。相手を楽しませることができていない。」というのはよく感じます。同じかもっと深刻な不安・妄想にとらわれる方もいることでしょう。 なぜこんな不安・妄想にとらわれる…

組織(チーム)とマネジメントとリーダーシップ

はじめに 自分がPM(プロジェクト・マネージャ)やPL(プロジェクト・リーダ)と呼ばれるポジションにアサインされるようになり、組織(チーム)とマネジメント及びリーダーシップについて考えるようになりました。私の現時点での考えをここにまとめます。 …

NHKリーダーシップ白熱教室第6回(世界が君を待っている)まとめ

はじめに NHKの白熱教室シリーズにハーバード ケネディスクールのロナルド・ハイフェッツ教授による「リーダーシップ論」がある。 NHK リーダーシップ白熱教室ハイフェッツ教授は「権威とリーダーシップは別物である」とし、リーダーシップとは何なのか。そ…

傾聴とマネジメント

先日、スクールカウンセラーを仕事にされている方とお話をする機会があった。他愛ない雑談の中、私が「傾聴の実践が中々難しくて」と話したとき、ハッとさせられる一言が返ってきた。「傾聴のような来談者中心療法が全てではない。行動療法のほうが有効な場…

あなたなら大丈夫

自分が目標に向かって前に進めるのは、優しさと厳しさを兼ね備えた方が周りにいてくれたからだと思うようになった。それは嫁さんだったり、友達だったり、コーチだったり。傍にいて見守ってくれている方々だ。 その方々の考えは一貫している。自分が目標達成…

気遣いは相手を知ることから始まる

気遣いは相手を知ることから始まる。そんなことを感じたエピソード。スタバのアークヒルズサウスタワー店は今の職場から近いこともあり、良くお世話になっている。 その店ではいつもドリップコーヒーのベンティサイズをテイクアウトしている。職場まで移動す…

自分を信じろ

“ハリボテ”人間はリーダーにはなれない | all about ハーバードMBA! | 東洋経済オンライン | 新世代リーダーのためのビジネスサイトこの記事を読み、改めて思う。 自分を信じろ。表も裏も含めての自分だ、と。人は誰しも、表と裏の顔を持っている。表では輝…

出会うべくして出会う

必要な時に必要としている方と出会う。そして、必要な言葉と出会う。人も言葉もすぐそばにある。でも、いつもは気付かずにすれ違うだけ。悩んで、もがいて、次の一歩を探しているときに気付き、出会う。その言葉は名言ではなく、ありふれた言葉かもしれない…

別れが教えてくれること

今年は多くの出会いと別れを経験した一年だった。 心に残る別れが多かった。友人だったり、好きな人だったり、義父だったり。別れの形も様々。その中には今生の別れもあった。その一つ一つに向き合ってきて、感じたことをまとめようと思う。出会いがあれば必…

笑顔が伝わる

笑顔は伝わるものです。相手を笑顔にしたいなら、まずは自分が笑顔になることです。そんなことを改めて感じさせる出来事がありました。 いつものバーで飲んでいて、お店の方と今日は自分の誕生日なんですよ~という話をしていた時の事。帰ろうと席を立ちかけ…

父の教え

父さん(義理ではあるが、実の父親みたいな方だ)の葬儀を終えて帰ってきた。残りの諸々の手続きや挨拶などは母さんと弟妹でやるとのこと。うちの弟妹はしっかりしているので安心して任せられる。 今思うのが父さんはやはりすごい人だった、ということ。なに…

フルスタックエンジニアの土台に求められるもの

タイトルに対しての結論から言ってしまうと、コミュニケーション能力やリーダーシップ、そして信頼感といった『人間力』だと考えています。この人と共に取り組もう。そう思わせる力が必要だと思うのです。フルスタックエンジニアについて語られるとき、どう…

再読の勧め

自分にとってバイブルのような本があります。『プロカウンセラーの聞く技術』という本です。聞き上手(傾聴と言うほうが適切かな)のプロであるカウンセラーの技術をわかりやすく解説しています。これまで何十回も読み返し、今でもたまに読み返すのですが、…

謙虚であれ。前向きであれ。

少し前、こんな言葉をもらいました。 「自分に自信を持って。でも、謙虚さを忘れないで。」 この言葉は今の自分の支えとなっています。この言葉をもらった時、自信を持つことと、謙虚さを持つこと。これは本当に両立するのだろうか。そんな悩みがありました…

信頼と信頼感

築き方の違い 信頼と信頼感。この二つは相手との間に築き上げる過程が違います。それは、信頼は時間をかけて築くものであるのに対し、信頼感は短い時間で感じさせるものということです。 信頼感が人を動かす 相手を動かすのに自分の思いだけでは足りません。…

勉強会レポートをどう変えていくか

はじめに ブログを始めてから勉強会レポートを数本書いてみて、これからどうするか考えたことをまとめてみます。 現在の方針 資料だけでは伝わらないことを伝える 自分が過去の勉強会の資料を読むとき、資料の行間が読み切れず、しばしば困っていました。資…

苦い酒を飲むな

はじめに 辛いこと、苦しいことから目を背け続けるためにお酒を飲むのはやめましょう、という話です。 ビールのように苦みのあるお酒を飲むな、という話ではありません。念のため。 苦い酒とは 私はお酒が大好きです。一人で飲むのも、気が合う仲間と飲むの…

ビジョンをどう達成するか

はじめに ビジョンを達成するためにどうすべきなのか。 最近学んだこと、感じたことを含め、まとめます。 ビジョンの大切さや見つけ方はまたの機会に。 ビジョンとは ここでのビジョンとは「こうありたいと考える姿」とします。 例えば自分だったら数年後、…

このブログで目指すこと

はじめに これから、どんな目標をもってこのブログを書くのか。自分が悩んだ時の道標として、このエントリを残します。 誰のために書くのか 想定しているのは自分より少し後輩のITエンジニアのみなさんです。 ただ、技術系以外のエントリについてはエンジニ…