読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぱと隊長日誌

ブログ運用もエンジニアとしての生き方も模索中

謙虚であれ。前向きであれ。

少し前、こんな言葉をもらいました。
「自分に自信を持って。でも、謙虚さを忘れないで。」
この言葉は今の自分の支えとなっています。

この言葉をもらった時、自信を持つことと、謙虚さを持つこと。これは本当に両立するのだろうか。そんな悩みがありました。
その悩みに終止符を打ってくれた言葉がありました。

そして、自信と謙虚は共存させることができる。自分に誇りを持つことと、相手を尊敬することに、何ら矛盾はないからだ。

弱者の兵法:英語下手が英語圏で勝ち抜く策 | 宇宙を目指して海を渡る | 東洋経済オンライン | 新世代リーダーのためのビジネスサイト

加えると、相手の優れたところを認める(尊敬する)だけでなく、それを自分に取り込もうとする。その姿勢を忘れてはいけないと思うのです。冒頭の言葉にはそんな思いも込められていたと感じています。

謙虚に、前向きにあり続ける。
誰かと比較するのではなく、一歩前に進めた自分を認めてやる。
そうして、自信を積み重ねていきたいと思うのです。